岡山 美容外科美容整形比較サイト トップ > 美容外科コラム > メスを入れるべきか入れないべきか

美容外科コラム

失敗が許されない美容外科手術。

知っておけば防げることが多々あります。
正しい知識を身につけて憧れの美をGETしましょう!

徹底解説
メスを入れるべきか 入れないべきか
顔や身体のコンプレックス、解消したいですよね。そんな時に悩むのが、施術でメスを入れるか否か。きれいになりたいという気持ちをえて、施術の不安を解消しましょう。

美容整形を受けるにあたっては大きく悩むことがあります。それがメスを入れるべきか入れないべきかです。近年ではメスを入れない美容整形は簡単に行える上に効果が高いとして人気になっていますが、メスを入れなければ理想の「美しさ」を手に入れられないと考える方もいるでしょう。
メスを入れない、いわゆるプチ整形は注射を打つ、若しくは皮膚の中に糸を入れて形を整えるといった手法を用います。一方で、メスを入れる施術の場合は顔であれば、その形を変えるものとなります。
例えば鼻の形が悪いのでスラリと鼻筋が通った形にしたいとか、顔の輪郭をシャープにするために骨を削ったりといった大掛かりなものもあります。
いずれにしても、最終的にどのようになりたいのかを今一度真剣に考え、医師のアドバイスを受け入れる柔軟さも大切です。必ずしもメスを入れなくてもきれいにできますが、より「美」を追求するのであれば、メスを入れる覚悟も必要かもしれませんね。

施術によっては入れなくてすむものもある
施術の種類、部位、体質など総合的に考える必要あり
美容外科の施術を受けるとしても、どの部位の施術を受けるのかを考える必要があり、メスを入れるか入れないか、レーザー治療、脂肪吸引、豊胸などの施術の種類も考える必要があります。
また、それぞれの施術が受けられる体質なのかも考慮する必要があります。美容整形は患者の肌質や体質が大きく関わるものですので注意しましょう。単純にメスを入れるのか否かだけではなく、総合的に考えて判断する必要があるでしょう。
メリットとデメリットを把握する
施術を受ける前にしっかりと考えておきたいメリットとデメリット。例えば、二重まぶたにする治療ではメスを入れない施術方法も確立されており、この場合のメリットとしては施術時間が短いこと、術後の痛みや腫れが少ないこと、治療費が安く済むことがあります。
一方でデメリットとしては時間の経過とともに元の形に戻りますので、再度施術を受けなければなりません。メスを入れた場合は永続的に二重まぶたが保たれやすいです。
広告だけを見るのではなく、カウンセリングに時間を費やす
施術を受けるには多くの方が事前に美容外科の何らかの情報を調べるもの。情報誌やネットで調べて美容外科を訪れる方は多いでしょう。
この時に得た情報で美容外科のことを「知ったつもり」になることは避けたいものです。きちんと知るためには、実際に美容外科を訪れてカウンセリングを受けることが重要です。
医師とともに悩みを解決することを重視して、まずはカウンセリングのために美容外科を訪れてみましょう。
自分で判断せず、お医者さんに委ねよう
美容整形を受けるには色々と不安な部分があるのは当然。メスを入れるか入れないかの最終的な判断は自分でしなければなりませんが、医師からのアドバイスを参考にすることは非常に大切です。
医師は色々な症例を経験し、知識も豊富です。その全てが鵜呑みにする必要はないかもしれませんが、より良い方向性を提案してくれるでしょう。メリットだけでなく、美容整形のデメリットも教えてくれる医師を選ぶと良いかもしれませんね。
その他の美容外科コラム
  • 友達に相談するもの?
  • 実際はどの機械で治療するのがいいか?
  • カウンセリング時に聞いたほうがいいこと
あなたに合った治療が見つかる!美容外科で人気の治療 どんな治療が人気なの?今、話題の治療をご紹介! 詳しくはこちら こちらもチェック!
美容外科で人気のレーザー機器 実はこんなにある機器の種類!その効果は千差万別。 詳しくはこちら 機器の特徴、おすすめの治療、金額、ダウンタイム等
 

トップへ戻る